メタボ解消マニュアル

メタボを解消するための秘訣

メタボとは?

中高年に差し掛かった人には他人事ではないメタボ。最近はテレビなどでよく目にすることもあると思いますが、あなたは本当にメタボのことを理解していますか?メタボとはメタボリックシンドローム(内蔵型脂肪症候群)が正式名称です。

最近では男女ともぽっこりと出たお腹のことを指して言うようになりましたが、本来は体脂肪の蓄積によって生活習慣病が2つ以上重なって起こる状態のことを言います。体脂肪は皮下脂肪だけではなく内臓脂肪も含まれます。

見た目が痩せている人でも内臓脂肪率が高い場合はメタボリックシンドロームの可能性があります、と言うよりもむしろ怖いのはこの内臓脂肪の方で内臓脂肪型肥満が共通の原因となる高血糖、脂質異常、高血圧などが引き起こす糖尿病や高血圧症、高脂血症などが重なっている場合をメタボリックシンドロームと呼ぶのです。

これらの生活習慣病と呼ばれるものは呼んで字のごとく「生活習慣」の乱れが直接的な原因となりますので、生活習慣を見直す事で予防、改善が出来るのです。日本人の三大死亡原因は、ガン、心臓病、脳卒中ですが、そのうちの心臓病と脳卒中は血流障害が要因となるものです。

この血流障害の原因としては動脈硬化症が最も多いのですが、動脈硬化症を持つ患者の多くは糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を基礎疾患として抱えています。そしてメタボリックシンドロームになると、これら生活習慣病の2つ以上を抱えることになるため急速に動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中に襲われる可能性が高くなってしまいます。

メタボリックシンドロームの診断基準となるのは男性でへそ周りが85cm以上、女性だと90cm以上の人で体重と身長から計算されるBMIと呼ばれる体格指数にあわせて、血液検査で中性脂肪が150mg/dL以上 、HDLコレステロール 40mg/dL未満のいずれかまたは両方を指摘された場合、そして最低血圧が85mmHg以上かまたは最高血圧が 130mmHg以上(若しくは両方)、 空腹時の血糖値が110mg/dlより低い数値をマークした場合に総合的に診断されます。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル